COMPANYキュービタスを知る

キャッシュレス社会を支える
総合プロセシングカンパニー

クレジットカードを始めとしたキャッシュレス決済は会員の獲得や利用促進を行う「カード会員事業」、決済を取り扱う加盟店ネットワークを構築する「加盟店事業」、入会手続きや審査、利用中のお問合せや請求処理など、クレジットカードの利用を裏側で支える「プロセシング事業」の大きく3つの事業に分かれます。2006年、日本を代表するクレジットカード会社である株式会社クレディセゾンとユーシーカード株式会社が統合再編し、高い専門性とノウハウが必要とされる各社のプロセシング事業を分割統合しました。そこで業界初の総合プロセシングカンパニーとして誕生したのがキュービタスです。

日本におけるキャッシュレス化

日本におけるキャッシュレス決済比率は諸外国に比べて、まだまだ低い状況ですが、テクノロジーの発展を背景に、クレジットカード、プリペイドカード、スマートフォンなどを使った決済市場は急速な成長が見込まれています。キュービタスではプロセシング事業を通して社会の決済インフラを支える重要な役割を担っています。キャッシュレス決済に携わる私たちのビジネス領域には強い追い風が吹いているのです。

決済の多様化をチャンスに!

キュービタスのプロセシングは最新のシステムを導入しており、幅広い決済方法に対応することができます。たとえば、銀行の預金口座に紐付け、利用すると即時に口座から引き落とされる「デビットカード」や、事前にチャージした金額分だけ利用できる「プリペイドカード」はその手軽さや利便性から利用者数を増やしており、キュービタスにおける事業領域も拡大しています。総合プロセシングカンパニーである私たちは、こうした決済の多様化を大きなチャンスと捉え、更なる成長を目指しています。

質・量ともにNo.1の
総合プロセシングカンパニーへ

プロセシング事業に特化したキュービタスは、高品質でローコストなサービスの提供が可能です。2017年秋には、今後のキュービタスの成長に欠かせない新システムをリリースしました。決済の多様化に対応し、最高のプロセシングサービスを武器に更に受託を拡大し、業界をリードする会社へと進化していきます。

社員の働き方にもチャンスと安心を

キュービタスでは、すべての社員全員がいきいきと長く働き続けることができる会社を目指し、社員がキャリアを考え、自分らしく活躍できる組織づくりに力を入れています。結婚や出産、育児や介護などのライフイベントによって自身のキャリアアップを諦めることがないように、社員をサポートするための充実した制度を用意しています。